空き巣対策には防犯カメラの設置が効果的だという理由とおすすめの専門業者

防犯カメラ

「もし家に泥棒が入ったらどうしよう?」

これまでに一度も泥棒に入られたことがないという人でも、きっとそんな不安を覚えたことが過去に何度かはあるのではないでしょうか。

ましてや、近所で空き巣被害が発生したなどという現実を目の当たりにすると、「ひょっとしたら今度は自分の家が狙われるのではないか」といった不安がどんどん増してくるはずです。

事実、令和2年でいうと認知件数だけでも21,030件もの侵入窃盗被害が、この平和な日本国内でも発生しているのです。

1日当たりに換算するとなんと約58件。ということは、2時間に5件も発生しているのですから、その数は尋常ではありません。まさに明日は我が身、我が家がその空き巣の標的になるかもしれないのです。

これは警察に認知されている件数ですので、空き巣に入られた人が被害を申し出ていない、若しくは被害に気がついていないものまで含めるともっともっと多いことが考えられます。

こうしている今も、日本のどこかで空き巣に侵入されている家があるかもしれませんし、ひょっとしたらあなたの家をいま空き巣が下見しているかもしれませんよ。

そんなことは考えただけでも気持ち悪いですよね。

不幸にして空き巣に入られた場合、被害が現金や貴重品だけではなく建物の一部を壊されることもあるので、その精神的なダメージというのは相当なものになります

それよりももっと恐ろしいのは、ただの空き巣で侵入したものの偶然帰宅した家人に見つかったり、留守だと思って入ったものの家人がいたということで事後強盗や、居直り強盗にまで発展してしまうという危険もあるということです。

 

そうなったら、金品だけじゃなく命だって奪われることもあるのです!!

 

できるなら、これからもずっと空き巣には入っていただきたくはないものですよねw

では、空き巣被害に遭わないためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

結論から言いますと、空き巣や忍び込みといったいわゆる侵入犯罪を防ぐ方法は、誰が何といっても自分の家を泥棒から狙われないような家にすることが一番なのです。

空き巣は、必ずしもお金がありそうな家ばかりを狙って入るワケではありませんよ。

 

空き巣はお金がありそうな家よりも、入りやすいかそうでないかで侵入する家を決めているのです。

これはテレビのニュースなんかを見ていて私がよく思っていることなんですが、空き巣の被害にあった人の話を聞いていると過去にも数回入られている家がなんとも多いことです。まさにこれこそが「入りやすいから入られている」という事実なのです。

「私の家はとても金が有りそうな家に見えないから大丈夫だよ!」と思っているあなた、これは本当に他人ごとではないのですよ。

 

あなたの家が侵入しやすかったら空き巣はかまわずにやって来ます!!

 

空き巣や泥棒が狙う家、狙われない家など色々な情報はありますが、狙われないためにはやはり防犯カメラの設置が一番効果的です。

それはどうしてかって?

防犯カメラを設置することは、空き巣や泥棒に対しての威嚇という面も当然ありますが、防犯カメラを設置している家はそれだけ防犯に対する意識が高いと思わせることができるからです。

防犯意識が高い家は、見つかるリスクは高まるうえ現金や貴重品を簡単に見つけることができないようにしているかもしれません。苦労して侵入したのに何にも盗ることができなかった。

 

そんな家は空き巣や泥棒だってきっと敬遠するはずです。

 

とにかく、狙われない家にすることが一番の空き巣対策だとするなら、防犯カメラを設置することは空き巣や忍び込み犯対策には一番いい方法です。

防犯対策をしている家に、わざわざ危険を冒して侵入する空き巣や泥棒はまずいません。だから、逆にいうと空き巣に狙われにくい家は、しっかりとした防犯対策をしている家だということが言えます。

そしてなにより、空き巣や泥棒は人に見られることを極端に嫌います。

当然ですよね、空き巣や泥棒は自分の姿や顔を映像として残したくはありませんからね。だから防犯カメラが設置してある家というのは、彼らは絶対に敬遠するのです。

それが私が言う、防犯カメラの設置が空き巣対策には効果的な方法だという一番の理由です。

さあ、防犯カメラが空き巣対策には効果的だとわかったらすぐ防犯カメラを設置しましょう。

防犯カメラを設置するだけで安心が得られるます。

買い物や用事で家を空けるときだけでなく、何日も留守にして大好きな旅行に行くときだって安心して出かけられるようになるんです。

旅行中に「家、大丈夫かな?泥棒なんて入ってないよね?」なんて考え始めたら、せっかくの旅行を楽しめなくなってしまい本当に残念ですよね。でも、もうそんなこともなくなるんです。

 

さて、これであなたも防犯カメラを設置することを決心されたと思います。

 

では具体的にはどうしたらいいのでしょうか?

 

業者に頼むと費用がかさむということで、DIYでやってみようという方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、本物じゃなくダミーの防犯カメラでも十分だろうと思われる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

でも、手慣れた空き巣や泥棒というのは、その防犯カメラが本物なのかダミーなのかを簡単に見極めることができるそうです。

本物ならば配線がしっかりなされているがダミーならば配線が雑でいい加減なのが多いからかもしれませんが、中には配線そのものがないというホントにダミーなものもあるようですw

 

さて、真剣に空き巣対策を考えているならば防犯カメラの設置は専門の業者に任せるべきです。(キッパリと言います!)

 

ネットや量販店で購入したものを自分で取り付けた場合、ダミーの防犯カメラと同じように配線が隠れていなければ配線そのものを切断されてしまいます

そうなると、せっかく防犯カメラを設置していても元の木阿弥。まったく意味を持たなくなってしまうわけです。

真剣に防犯を考えるならば、防犯カメラの設置は専門の業者に任せるべきなのです。

 

何といっても自分の大切な財産と生命を守るためなのですから、ここをケチってあとで泣きを見るということだけは絶対に避けなければなりません。

 

防犯カメラの設置を依頼するなら、相談から設置の見積もりも無料の防犯カメラ設置110番がおすすめです。思っていたよりもリーズナブルな価格で設置できますよ

 

東証上場企業の、シェアリングテクノロジー株式会社が運営する防犯カメラ設置工事サービスなので、日本全国どこでも24時間365日受付けてくれるのも嬉しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました